集合住宅での地デジアンテナ工事

階層がある建物の地デジ

テレビアンテナ
設備費 マンションやアパート等で、地デジ化を考える際は以下の事が重要になっております。

・設備費
・ランニングコスト
・各世帯の負担

以上が重要な要素となっており、設備費は集合住宅にデジタル設備を配備させる初期費用となっていて、大体500000円前後が平均となっています。
ランニングコストとは ランニングコストとは、初期設備費以外にも出るブースターやケーブルテレビの契約に行なう際の費用となっています。こちらは個人での出費になりますので、費用は一定ではありません。
各世帯により負担が違う 地デジ化を集合住宅で行なう際、各世帯に負担するのは、地デジ対応テレビ、もしくは地デジチューナーとなっています。また、もしBS・CS放送を受信したい場合は各世帯ごとに、個人で準備する必要があります。
集合住宅での地デジ化のメリット 地デジ以外の放送を受信したい場合であれば、個別契約でSTBを契約する必要がありますが、個人で地デジ化を行った場合はSTBを新たに準備しなくても大丈夫です。

建物の管理をしている方には

一般家庭と違い、大勢が住んでいる集合住宅やオフィスビルに地デジアンテナ工事をする場合は莫大な費用がかかるときもあります。業者選び次第で、格安でアンテナ工事を行えば費用を抑えることが出来るので、業者選びはとても重要となっています。

広告募集中